間取りから設備・外観までこだわって建てる家!注文住宅の基礎知識を解説します

注文住宅を購入する際には、良い工務店やハウスメーカーを選ぶことが重要と言われることが多いのですが、これだけでは長く住むことができる快適な家を手に入れることは難しいものとなります。注文住宅にはどのようなものがあるかといった内容や、良い工務店やハウスメーカーを選ぶための基礎知識を十分に得ていないと、その判断基準を誤ってしまうことになるためです。これらの基礎知識を事前に把握し、注文住宅を依頼する会社を選ぶことが成功の秘訣です。

注文住宅のメリットとデメリットとは

注文住宅のメリットは、何と言っても自由設計ができることです。どうしても建売では、多少妥協しなくてはいけない点が出てきます。けれども注文住宅なら、自身が思い描くマイホームが叶うことでしょう。好きな場所に好きなデザインで建築できるのは実に魅力です。 また家ができていく過程を観察できるのもメリットです。途中変更もできますし、施主がこまめに現場に伺えば手抜き工事もできません。家ができていく様子を見るのもまたおもしろいものです。 一方でデメリットとしては、やはり費用がかかってしまう点です。あれもこれもしたいと欲張ると、尚のこと費用が高くなります。こだわりたい部分を定かにして、お金をかける部分と妥協できる部分のメリハリをつけることがコツです。 入居まで時間がかかるのも、デメリットと言えるかもしれません。建売なら購入すればすぐに住めますが、注文住宅は家が完成するまでだいぶ時間がかかります。気長に家づくりを楽しむことができる余裕が必要です。

注文住宅の予算を検討する際のポイント

注文住宅の予算を検討する際のポイントは、自己資金で用意できる額を把握することです。預金金額や親からの援助、現在住んでいる住居の売却金などを含めた総額を出すようにしましょう。次に住宅ローンに充てる額を把握します。自己資金の全てを頭金に充ててしまうと、生活費や子どもの教育費が不足してしまう恐れがあるので、自己資金のうちある程度を手元に置いておくことがポイントになります。生活費は半年から1年程度を残しておくと安心です。住宅ローンの融資金は土地購入費や施工費に充てることができますが、手付金や不動産の登記費用、引越し代は現金で支払わなければなりません。これらの費用を現金で残しておくことも大切です。注文住宅を購入する際の住宅ローンの借入においては、月々の返済額をしっかり把握しておくことがポイントになります。住宅ローンを無理なく返済できる額は、年収の20%程度と言われているのでその額を参考にして住宅ローンを組むようにしましょう。

注文住宅のオーダーから入居までにかかる期間

家を建設する方法にもいくつか種類がありますが、より理想的な家を建設するのであれば注文住宅があります。実際に注文住宅をオーダーしてから入居するまで、平均的に必要になる期間を把握しておく事も大切です。実際にオーダーしてから入居までですが、8ヵ月から15ヵ月程度かかる事が多いです。注文住宅の場合は土地探しから必要になる事が多く、全て1から準備を進める事になります。建売住宅などを購入するよりも長い時間がかかることを想定した上で、入念なスケジュールを考える事が重要です。内容としては情報を集める他に予算を決め、工務店選びや土地探しの他にローン申請なども必要となります。契約をした後はローンの本申請を行い建築工事が行われ、完成した後は引っ越しといった作業も含まれる内容です。早い人であれば半年から7カ月程度でスケジュールを立てる場合もありますが、より希望にこだわった場合は1年や2年といった年単位の期間が必要になる事も想定しておく必要があります。

注文住宅の建物デザインとスタイル

注文住宅の建物の見た目は、住む人のライフスタイルに合わせてカスタマイズされるため非常に重要です。まず家の外観はその所有者の個性を反映し、周囲の環境に調和する必要があります。外壁の色や素材、窓の配置などは、建物の特徴を決定します。敷地の広さや形状に応じて、建物の配置を考えることも大切です。庭やデッキの設計も、居住空間の一部として検討されるべきです。 内部のデザインも重要です。部屋の配置やサイズ、各部屋の用途を検討することが必要です。収納スペースの充実や、日常生活に便利な設備の組み込みも考慮されるべきです。キッチンやバスルームの内装は、快適な生活を支える重要な要素となります。 さらにエネルギー効率の向上も考慮すべきです。絶縁材料や太陽光発電パネルの取り入れなど、環境への配慮が求められます。これにより、住宅のランニングコストを削減し、持続可能な生活を実現できます。 注文住宅の建物の見た目は住む人の個性やライフスタイルを反映し、快適な生活をサポートする役割を果たします。家族構成や趣味、日常の習慣を考慮しカスタマイズされたデザインを選ぶことが重要です。そして自分たちの理想の生活を実現するために、慎重に計画し実行することが不可欠です。

注文住宅の工事請負契約書の内容と特徴

注文住宅を建てるにあたっては、まずはじめに建築会社と施主との間で工事請負契約書を締結することになります。この契約書には、発注者や請負者の氏名に加えて、工事内容・請負代金の額・支払方法・工事着手の時期・工事完了の時期・完成引き渡しの時期等が記載されることが一般的です。また、工事請負契約書にはいくつかの特徴があるのですが、中でも契約書類が多く内容が詳細であるため、契約前にしっかりと確認する必要があるという点には留意しなければなりません。さらに、契約後にプラン変更を行う場合は追加コストが発生することがあるため、契約前にプランをしっかりと固めておくことが重要です。加えて、建築会社と施主との間で何らかのトラブルが発生した場合には、契約書に記載された内容を基に話し合い、解決していくことになります。従って、注文住宅の契約書に記載されている内容は細部に至まできちんと把握し、納得した上で契約を結ばなければなりません。

カスタマイズ可能な注文住宅の内外装

注文住宅はどうしても値段が高くなってしまうイメージが強くあると思いますが、値段以上に様々なメリットが生まれるところも大きな魅力の一つになるので、これから新しく家の購入を検討しているならぜひ注文住宅を選択してみることをおすすめします。また、注文住宅の非常に素晴らしいところは、内外装を自分の好きなようにカスタマイズすることができる点です。使用する素材や木材の種類、塗料の色や模様に関しても自由に選ぶことができますし、配置などもこだわりながら全て決めていくことができるので理想的な雰囲気にしやすくなります。それと、大まかなデザインを伝えれば、後は優秀なデザイナーが担当して素敵にアレンジを加えながら完成させてくれるところも良さの一つです。ただし、あまりにもこだわり過ぎるとどうしても多額の請求になってしまうことがあるので、ある程度予算をここまでと決めておき、それ以上オーバーしないように計算してすすめていくのが良いでしょう。

生活スタイルを考慮して決める注文住宅の間取り

注文住宅を建てる際、間取りの決定は生活スタイルを的確に反映させる重要な要素です。その中でも子供部屋の配置とデザインは、家族の日常生活に大きな影響を及ぼします。まず子供部屋の位置を検討します。子供がまだ幼い場合、親の寝室に近い位置に配置することが安全面で重要です。夜中に子供が目を覚ましたとき、親がすぐに寄り添える環境が求められます。注文住宅では子供部屋の広さも考慮しなければなりません。子供の成長に合わせて、スペースを調整できるような計画が望ましいです。多くの子供は、趣味や学習のためのデスクや本棚のスペースを必要とします。さらに、子供部屋の収納スペースも重要です。おもちゃや衣類など、子供の持ち物は増え続けます。充分な収納スペースを設けることで、部屋を整理しやすくなります。最後に、子供部屋のデザインについても考える必要があります。子供の好みや興味に合ったテーマやカラースキームを選び、快適な環境を提供します。子供が自分の部屋に愛着を持ち自己表現を楽しめるように工夫しましょう。

注文住宅をVRで体験するメリット

注文住宅は自分の理想に合わせた間取りの家を建てることができる一方で、設計段階では完成予定の家の住み心地が分からないという問題があります。建売住宅であればモデルハウスに足を運んで生活感をイメージすることができますが、注文住宅の場合は同じ間取りの家が存在しません。そこでおすすめなのがVRで体験することです。ヘッドマウントディスプレイを装着することで仮想空間を体験できるVRなら、設計段階の注文住宅を3Dモデルで作成して歩き回ることが可能です。この体験をするメリットとしてまず挙げられるのは、住宅の広さや天井の高さを実感できることです。3Dモデルは縮尺を合わせて作成されるため、実際に建てる予定の住宅と同じ空間を再現できます。その空間を一人称視点で体験することで広さや高さが分かるのです。また、生活動線を確認することもできます。例えば、寝室からトイレ、洗面所へと進む動線を疑似体験でき、問題点があれば修正できることもメリットです。

注文住宅の着工から竣工までの流れ

注文住宅では、着工から竣工までの流れをきちんと理解しておくことが大切です。まず、土地探しを行って建設希望地の交渉を進めていくことが重要です。注文住宅の場合は、業者側から土地を提供してくれるというわけではないのでこの部分の作業が不可欠です。次に、ハウスメーカーや工務店など注文住宅の依頼を請け負っている業者を見つける必要があります。その中で、プランニングを行ってどういった形で設計を進めていくのかの交渉をしていくことになります。間取りやデザイン、そして設備まで細かいところを含めて話し合いをしていきます。その後に初めて着工に入ります。自地盤調査や基礎工事などを含めて、全て計算をして進めていかなくてはならないのでこの点の時間は必須です。そして、建物が完成したら竣工調査を行います。実際に建設をした建物に何らかの不具合が存在すると、大きなトラブルに発展する可能性があるからです。建物の不具合がないかをチェックすることによって、初めて引き渡しが行われます。

注文住宅の引き渡し日におこなうこと

注文住宅は自分や家族の理想や希望を詰め込んだ家であり、引き渡しの日はとても重要で特別な日でもあります。実際に引き渡し日当日ですが、鍵を受け取っておわりではなく様々な内容を行う必要があるので把握しておくことが大切です。注文住宅の建設が完成して引き渡しの当日ですが、まずは家のチェックを行います。ドアの開く方向や収納の大きさや間取りの他、水漏れや外壁のヒビ割れの有無に窓の位置や高さなど図面の通りか確認する事が大切です。問題が無ければし必要な書類を渡し、必要な書類を受け取る事になります。書類の受け渡しが終われば最終的に家の鍵を受け取り、当日の流れは終了となります。シンプルに鍵を受け取るというだけでなく、完成した家を認めるという意味もあるのがポイントです。不具合や図面との相違があればしっかり伝えた上で直してもらう事が大切なので、建築された家のチェックはしっかり行い自分が納得できる完成度を確認する日ともいえます。

注文住宅で人気がある便利な造り付け収納

昭和時代には、2竿セットや3竿セットの婚礼ダンスを持って嫁入りするのが一般的であり、第二次世界大戦後の昭和時代中期には婚礼ダンスを納める箪笥部屋などが作られていました。しかし、昭和時代終期のバブル経済期に入ると輸入住宅の人気の高まりと共に欧米では標準的な造り付け収納(クローゼット)が押入れの代わりに設置されるようになり、欧米風の生活が普及した事で布団を毎回敷いて収納する必要のないベッドを利用する人が多くなり、押入れの必要がなく押入れよりも使い勝手の良い造り付け収納(クローゼット)が注文住宅では標準的な仕様となっています。注文住宅は、自由に間取りを決める事ができるので収納の幅も押入れの様に芯芯で910mmでプランニングする必要がなく、より広く居室部分を確保する事が出来て便利です。ベッドが主流でなかった時代には、布団を収納する必要があったので芯芯で910mmの奥行きを確保する必要がありましたが、現在では服がハンガーでかけられる奥行き2尺606mmの奥行きでクローゼットを設置することも少なくありません。

予算に合わせて選ぶ注文住宅の設備のグレード

注文住宅の良い所は予算に合わせて設備のグレードを上げたり、下げたりすることができる点です。 家を建てるのは一生に何度も経験することではないため、多少は坪単価が高くなっても、設備のグレードを上げたい人が多いのではないでしょうか。 注文住宅にはキッチンやお風呂場、洗面所、トイレなどの水回りは欠かすことができない住宅設備です。 ハウスメーカーや工務店では人気メーカー、ブランド、機種の水回りの設備を導入しています。注文住宅は風雨や紫外線の影響を受けやすいため、防水性、耐久性、遮熱性の高い屋根材、外壁塗料などにしたい人が増えています。ハウスメーカーや工務店では屋根材や水回り、外壁塗料、床材、壁材などは豊富な素材が揃っているのが魅力です。 住宅の雰囲気や形状、内装やインテリアに応じた住宅設備を導入することができます。 200万円から300万円のオプションを付けることで、高級感のある外観や内装、インテリアに仕上げることが可能です。

土地探しから注文住宅作りを始めるには

土地探しから注文住宅を始めるには、まずは住みたいエリアを考えなければなりません。最初は大まかなエリアを選び、そこから少しずつ絞り込みます。絞り込む時に重視したいのが周辺環境や交通の便であり、注文住宅を建てる場所が生活に便利でないと住みにくさを感じます。具体的には、スーパーやドラッグストア、学校等の施設が備わっていて、最寄り駅までの距離が遠すぎないことが重要です。特に通勤で電車を使う人は最寄り駅までの距離が日々の生活の質を左右するため、軽視してはいけません。職場から少し離れた地域を選ぶ場合には、電車も各駅だけでなく急行等が停まると利便性が上がります。予算の問題もありますので、土地代として支払える額を決めてから動き始めることも大事です。いくら良い場所が見つかっても、予算を大きくオーバーしてしまうと家にかけられる分が削られてしまい、こだわりを反映できなくなります。土地と家にかかる費用のバランスを見ることも忘れてはいけません。

注文住宅を建てる際に気を付けるべき建ぺい率

注文住宅は設計の自由度が高いため、建物のデザインもちろん規模や階層までも、施主さんの思い通りに仕上げることが可能です。しかし注文住宅を建てるエリアによっては、建築制限を受けることで、理想の住まいを実現できない場合があります。例えば建ぺい率もその1つでしょう。これは建物の建築面積と土地の敷地面積の比率を指し、建築面積を敷地面積で割った上で100をかけて算出されます。ちなみに建築面積は、建物を真上から見た面積を意味します。この建ぺい率は、都市計画法で定められた用途地域ごとに、細かく指定されているのが通常です。それ以外でも建築地が角地であったり、防火地域であることによって、その比率が左右されます。例えばほぼ戸建ての住居で構成される第一種低層住居専用地域の場合、その比率は30%から60%の範囲内、建築物の高さも10mまたは12m以下に制限されます。他方で商業地域になると、その比率の限度は80%に緩和され、原則的に高さ制限もありません。したがってこの地域では、大規模な商業施設が目立つ傾向があります。